自動車事故の被害者になってしまった場合

自動車事故の被害者になってしまった場合は、まず警察に届出を行います。相手から届出ないように頼まれたとしても必ず届出を行いましょう。万が一届出がないと保険の支払いが受けられない可能性もあります。警察による事故処理が終了した後は必ず加害者の連絡先や保険の加入有無を確認します。出来ればその場から加害者に加入している保険会社へ連絡をしてもらう方がベターです。事故直後に加害者と損害賠償についての約束を取り付けても、保険会社が介入した場合、ほごになる可能性が高いので、加害者を責めて約束をしてもあまり効果は期待できません。また被害事故の場合でも必ず自分の加入している保険会社へ事故の連絡を行いましょう。保険の契約内容によって、加害者からの賠償の他に加入している保険会社から支払ってもらえることもあります。また、加害者側との保険会社との交渉内容を相談することも可能です。弁護士特約に加入している場合は、加害者側の保険会社との交渉を弁護士へ委任し、その費用は全て保険会社に支払ってもらえます。弁護士が介入したほうが賠償額が高くなることが通常であり、煩わしい交渉からも解放されるので、弁護士特約があれば弁護士へ委任を行いましょう。

Filed under: 未分類 — LIFE 9:04 PM