運転方法

安全運転をするためには、運転方法の改善が必要です。危険運転と呼ばれる行為は言語道断で、どんな状況でも安全を確保できる運転を心がけなければいけません。そのための基礎を磨くための訓練は、運転中にできるものばかりです。一番大切な心構えは、基本に忠実になることです。経験豊富なドライバーは、知らないうちに自己流の運転をしてしまいます。多くの道を走ってきた自負があるので、自分だけは事故を起こさないと考えているからです。このような奢った心が一番危険なので、基本に戻って学び直すことは効果があります。運転免許を取得するために受けた講習を思い出して、現在の自分が間違っている点を洗い出しましょう。右左折を行う際は周囲を目視したり、標識に従った運転ができているかを再確認します。これだけでもケアレスミスをなくすことに役立ちます。さらに安全運転を徹底したいなら、教習所で渡された教本に目を通すことも効果的です。基本的なことばかりが収録されているとは言え、中にはすっかり忘れてしまっている内容もあります。定期的に流し読みをしていると、新たな発見ができることもしばしばです。実戦訓練と座学を組み合わせて、模範となる運転者を目指しましょう。

Filed under: 未分類 — LIFE 9:02 PM