車の破損状況の確認

交通事故に遭ってしまった場合には、まず警察に連絡するとともに、事故の現場の保存と安全確保をする必要があります。その為、交通量の多い道路の場合には交通の妨げにならないように移動しなければなりません。その上で怪我人がいる場合には速やかに応急処置などを行う必要があります。
さらに、自分が被害者の場合には車の破損状況を出来るだけ早く確認しておく必要があります。警察の現場検証でもその破損状況は検証されますが、自分でも十分に確認し、出来れば写真を撮っておくことが必要です。これは相手に損害を賠償してもらう場合に、必要になることがあるからです。
基本的には相手方の保険によって賠償をしてもらうことになりますが、その場合には実際の破損状況の写真を元に保険会社が判断し、その修理費用をばいしょうすることになります。この写真は修理工場などでも撮影してもらえますが、相手方との交渉の状態によっては、修理工場が修理を受け付けてくれない場合もあります。また警察の現場検証の情報は裁判になった時に提示されることが基本で、保険の適用の資料として使われることはありません。その為、自分で証拠として写真を撮影し、保管しておくことがいざというときのために非常に重要となります。

Filed under: 未分類 — LIFE 9:05 PM