怪我の有無の確認

交通事故はある日突然襲いかかってきますので、対処のしようがありません。なので、常日ごろから事故に遭った際の行動をイメージトレーニングしておくことが重要です。もしも交通事故の被害者になってしまったら、最初に加害者側の連絡先を聞くようにします。それが済んだら、次は自身の怪我の有無を確認しましょう。外面的な損傷がなくても、体内では思わぬダメージを負っている可能性があります。まずは落ち着いて、体中を手で圧迫して確認をすることが効果的です。手から受ける圧力で痛みを感じたら、体に何らかの損傷があると判断できます。続いて、散歩をするような気持ちで歩き出しましょう。無意識でも可能な歩く動作を行って違和感があれば、外科もしくは内科での治療が必要であると考えられます。手の圧と歩く動作によって異常を感じなければ、その場でジャンプをしてみましょう。全身に衝撃を与える動作なので細心の注意が必要ですが、体内外にダメージを負っていれば即座に痛みや違和感として表れます。3種類の確認を徹底させれば、交通事故の被害者になってから自身の体の異常をすぐに察知することが可能です。後遺症の予防にもなりますので、恥ずかしがらずに行いましょう。

Filed under: 未分類 — LIFE 9:04 PM