保険会社に連絡する

自動車を運転していれば、いつかは事故の被害者になる可能性があります。安全運転を心がけていたとしても、猛スピードで道路脇から他車が走ってくれば避けようがないからです。仮に事故の被害者の立場になったら、保険会社への連絡を怠らないようにしましょう。万が一のときに備えて保険に加入しているので、愛車の修理費用や通院費の援助を受ける義務があるからです。とは言え、事故発生後すぐに報告をするようなことがあってはいけません。事故現場の安全を確保しなければ、被害者側も過失を問われてしまいます。歩行者の中に負傷者はいないか、事故の当事者たちが他の交通の妨げになるような行動を継続していないかを確認しましょう。要救護者を安全な場所に移動させたり、交通の流れを止めてしまうような停車をしないように心がけるべきです。さらに、事故の被害者になったのなら警察への通報も義務化されています。それら必要なことを済ませた上で、保険の手続きを開始することが重要です。見舞金を受け取るために必要な情報は、大抵の場合保険加入者番号と事故当時が求められます。ですから、愛車には保険加入者番号をメモした紙やメモ帳を収納しておくことが望ましいです。

Filed under: 未分類 — LIFE 9:05 PM