安全運転と守るべきマナー

自動車を運転する人は道路交通法を遵守しなければなりません。事故を起こさないためには最低限のルールを守る必要があるのです。万が一事故の加害者になってしまいますと精神的な負担や金銭的な負担を負うことになります。自分がケガをするならばまだ良いのですが被害者に甚大な被害を与えてしまいますと保険会社がいくら示談の交渉などをしてくれても完全に被害者のことを忘れらることはできません。極端な考え方ですが自動車は人を殺してしまうほどの危険なものだと理解すべきです。危険性のあるものですから当然使い方を理解すべきですし運転する際のマナーを最低限守らなければなりません。マナーにおいて最も大切なことは安全運転を心がけることです。特に歩行者に気を配る必要があります。歩道と車道は別れていますのでしっかり車道を運転すればよろしいです。速度超過がなく急な割り込みなどをしないことが重要なことです。交差点などで歩行者がたくさんいる場合には細心の注意を払う必要があります。特に右折をするような場合には対向車線の車がなければ歩行者のことを考えずに右折をしてしまうこともあります。右折をしてから歩行者がおり急ブレーキをかけることも多いです。

Filed under: 未分類 — LIFE 9:02 PM