安全に運転する為の心得

 

自動車を運転する場合には交通事故を起こさないように安全運転を心掛けることが必要です。大切なことは自動車は殺人を犯してしまうような危険な乗り物だということです。道路交通法をしっかり守っていれば事故を起こす可能性は低くなります。当然思いもよらない事故に巻き込まれることもありますがご自身が法律を守って運転をしていれば被害を及ぼしても法律に守られる可能性は高いです。自分の性格を知ることも大切です。短気な人は少しでも渋滞がありますとイライラして運転に悪影響を及ぼすこともあります。また運転をする際には体調を万全に整えておくことも必要です。睡眠不足の場合や過労の状態で運転をしますと不慮の事故を起こしてしまう可能性も高いのです。よくクラクションを常に鳴らす人もいます。クラクションを聞きますと周辺のドライバーが狼狽えてしまうこともありますので多用しない方が良いです。安全に運転する為には車間距離をしっかりとることも必要です。前の車との車間距離がありますと他の車に割り込まれる可能性があるのでそれを嫌がり車間を詰めて運転する人も多いのです。常に安全性を確保するために心身ともに万全な状態で運転をしなければなりません。

 

Filed under: 未分類 — LIFE 11:51 AM