快適な自動車ライフの為の心得

 

自動車は便利で、今では一家に一台はなくてはならないものになっています。雨が降ったり、寒かったり暑かったりする時のお出掛けも快適ですし、遠出をしたり荷物が多い時にも必要不可欠なものです。せっかく免許を取ったのなら、安全で快適に出来るようにマナーや交通ルールを守ることは大切です。例えば、道を譲ってもらったりした場合に手を挙げたり会釈をする時の相手も快く感じるでしょう。相手の顔が見えない場合はサンキューハザードをするのが一般的です。次に、ウィンカーは後方の車にも配慮して、早めに出しましょう。ギリギリにつけて急ブレーキをしたりすることは衝突の原因にもなるので避けた方がいいです。ヘッドライトは日没1時間前ほどからは点灯した方が良いかもしれません。暗くて車が見えずに事故になる恐れがあるからです。車間距離もあまりつめすぎないように、間隔をあけましょう。車間距離が近いと前方者も不快に思いますし、追突してしまう恐れがあります。あとは、交通ルールはきちんと守りましょう。一時停止や法定速度、標識に沿って安全運転することは車を運転する者としての基本です。急いでいるからとか、信号無視をすることも気を付けましょう。基本を忘れずに、相手の立場になりながら運転することはとても大切なことです。